インクジェット?レーザープリンター?

こんにちは、Pです。

皆さんはプリンターって1日どれくらい使っていますか?

最近は、家庭でも会社でもよく見かけるものってプリンターですね。

もちろんLANDSでもなくちゃならないものがプリンターです。

インクジェットプリンターが普通だったのが、インクジェット以外もレーザープリンターがあるし、

最近は、3Dプリンターっていうものも話題になっていると思いますが

今日は、近くで見れるもの「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」ってなにが違う?のか比較したいと思います。

※http://genka-market.jp/genka-pics/10001805.jpg

LANDSではインクジェットプリンターを使っています。

インクジェットプリンターの仕組みをみるとこちらになります。

※http://www.tdk.co.jp/techmag/knowledge/200409u/

インクジェットはインクノズルを動かして出力する方式で、レーザープリンターよりは鮮明な出力となります。

※http://www.tdk.co.jp/techmag/knowledge/200409u/

インクジェットプリンターのデメリットって印刷したものがお水に弱いという事ですが・・・調べたら、インクジェットプリンターで使うインクって2種類があることを分かりました。

※http://chul200113.blog.me/220558119808

一つは「顔料インク」ともう一つは「染料インク」です。

まだ、話が・・・難しくなりましたが、簡単にいうと、顔料インクは水に溶けにくい

染料インクは水に弱いということです。

顔料インクは水、油、などに溶けきらないようですが、染料インクは水、油、アルコールなどに溶ける性質があります。

最近は、インクジェットプリンターが安くなって、維持費用もそんなにかからないから一般的なプリンターになっています。

次はレーザープリンターです。

※http://www.amazon.co.jp

レーザープリンター・・・

レーザープリンター使ってみたことはありますが、最初のイメージはこんな感じでした

※http://livedoor.blogimg.jp/maku951/imgs/e/9/e96e3151.jpg

これは・・・レーザープリンターじゃなくて・・・レーザービーム!!!

レーザープリンターの中でレーザービームを使って!文書を作るとか!なんとか!

格好いい!!ってPちょっとふざけてみました。(笑)

レーザープリンターの仕組みってこんな感じ!

※http://www.tdk.co.jp/techmag/knowledge/200409u/

レーザープリンターはインクじゃなく「トナー」っていうものを使います。

トナーの中では帯電性を持ったプラスチック粒子に黒鉛、顔料などの色粒子を付着させた粉が入ってます。簡単にいって「トナーの粉」このトナーの粉を噴射し、それに熱を加えて、圧着させて出力するということです。

インクジェットプリンターより初期費用とか維持費用とかがかかります。

本体、トナーがインクジェットプリンターよりは高いですね。

でもそこだけ見たら高いイメージしかないだけになります。

ノズルを利用したインクジェットプリンターより印刷スピードが早いです。

インクジェットプリンターはよく使わないとインクがかたまってプリンターを使えなくなる可能性がありますが、レーザープリンターはよく使わなくても印刷できない可能性は少ないみたいです。

説明が長くなっても理解難しいと思って画像を持ってきました↓↓↓

結構簡単に分かりやすく説明です。

※http://blogs.yahoo.co.jp/miyabiman_now/GALLERY/show_image.html?id=25549683&no=3

どんなものがいいかは両方メリットデメリットがあるので、なんとも言えませんが、ちゃんと比較してみるのもいいと思います。

以上、レーザービームPでした。

最新記事