音を出す

こんにちは、Pです。

みなさん、音ってどうやって出るでしょう?

マイクってどうやってスピーカーから出るだろう!?

こんな事考えたことありますか?

マイクとスピーカーだけあればできるでしょう?って思ってないですか?

基本、音源が一つの場合

音源→増幅器(アンプ)→出力装置(スピーカー)→音が出る!って感じですね。

音源が複数の場合、またマイクが複数の場合(入力装置が複数の場合)は?

音源→ミキサー→アンプ→スピーカーですね。

※http://www.art-rental.net/choice/sound.html

なかなか難しいですが・・・

※http://store.shimamura.co.jp/shop/pages/00pa_event.aspx

このアンプってアンプ内蔵スピーカーであれば、別にアンプはいらないです。

とにかくアンプは要るってことですね。

これが音響の基本ですが、使い道によって機材が増えたりします。

※https://event.kasite.net/event_success/sound_1.html

だとしたら、コンサートや大きい規模のイベントとかならもっとややこしくなるのではないのかな!?と思いますが・・・もちろん、数とかミキサーのチャンネルが増えたり、色々複雑になりますが・・・

※https://rental.after-beat.co.jp/equipment/rental_pack/concert_pack.html

音響の基本の入力→増幅→出力を覚えたら、問題なしだと思います。

もちろん、細かくなるのも当然だし、難しくなるのも当然です。

意外と音響って専門的な仕事ですよ。

暑い時も寒いときも現場で頑張ってるPAの皆さん!お疲れ様です!!

以上、Pでした。

最新記事